無料レポートの表紙などに見られる、
途中から透明になっている画像…。

 
これを手軽に作成する方法をご紹介します。

 
gazou38.jpg

 
今回は、例として上図のような森林の画像の
下半分を透明にしていきます。

 
Photoshopをお持ちの方なら問題ないでしょうが、
実はWEB上の無料ツールを使って加工することができるんです。

 
そのツールは、pixlr(ピクセラー)です。

 
pixlr(ピクセラー)はWEB上で起動でき、
インストールなどの必要もありません。

 
ご自分のパソコンにブックマークして、
いつでも使えるようにしておけば便利です。

 
それでは、まず下記をクリックして、
pixlr(ピクセラー)にアクセスしてみましょう。

 
pixlr(ピクセラー)

 
起動された画面は下図のようになります。

 
gazou39.jpg

 
選択ウィンドウから、
「コンピューターから画像を開く」をクリック。

 
gazou40.jpg

 
加工したい画像を開きます。

 
下図のように画像が表示されます。

 
gazou41.jpg

 
画面右側に操作用のパレットが出ていると思います。

 
もしなければ、下図のように、
グローバルメニューから、
「ビュー」→「レイヤー」と選択、クリックして、
パレットを表示させてください。

 
gazou42.jpg

 
次に、「レイヤー」パレット内の、
「背景」枠の右端にある鍵マークをダブルクリックします。

 
gazou43.jpg

 
すると、枠内の表示が変わって、
「背景」→「レイヤー0」となり、
鍵マークはチェックの入ったボタンに変わります。

 
gazou44.jpg

 
続いて、「レイヤー」パレット内の下部にある、
ボタンをクリックして「レイヤーマスクを追加」します。

 
gazou45.jpg

 
すると、下図のように、
画像が透明になった状態に変化します。

 
gazou46.jpg

 
次に、画面左にある「ツール」バーから、
「グラデーション」をクリックします。

 
gazou47.jpg

 
続いて画面上部のグローバルメニュー下にある、
「グラデーション」表示をクリックします。

 
gazou48.jpg

 
表示されたウィンドウ内の一覧から、
下図のように「描画色から透明」をクリックします。

 
gazou49.jpg

 
そして、画像が表示されていた透明画面内の、
中央よりやや上から、下に向かって、
端までクリック&ドラッグします。

 
gazou50.jpg

 
すると、下半分が透明になった画像が表示されます。

 
gazou51.jpg

 
画像が気に入ったら、
グローバルメニューから、
「ファイル」→「保存」と選択、クリックします。

 
gazou52.jpg

 
自分の好きなフォーマットを指定して、
右下の「OK」をクリックし、
パソコン内の任意の場所に名前をつけて保存すれば完了です。

 
gazou53.jpg

 
こんな感じで仕上がりました。

 
gazou54.jpg

 
同じ要領で、ヘッダー用、フッター用の画像も作成するといいでしょう。

 

新規ブログ「UBL」立ち上げのお知らせ♪

現在、アドセンスブログの手法に特化したサイトを構築中です。

 

その名も・・・♪

 

「UBL(Unchained Business Laboratory)」

 

そもそも英語として成り立っているのかも分かりませんが、

「誰からも束縛されずに稼いで暮らしたい!」

そんな思いを込めたタイトルであります。

 

まだまだ試行錯誤しながら作業している状態ですが、

初心者の方でも取り組みやすいように、たくさんの情報を整理していくつもりです。

 

そんなわけで、まだ中途半端な状態ですが、ひやかしに覗いてやってくださいませ♪

 

わたぼんNEWブログ「UBL」をチェック!