わたぼん奮闘記

全てのビジネスジャンルに共通!記事に必要なのはオリジナリティー

こんにちは。

 
記事を書く際にコピペや安易なリライトがNGだということは、今さら言うまでもありませんね。これは全てのビジネスジャンルに共通した約束事です。

 
自分オリジナルの価値ある内容を公開しなければ、Googleからのペナルティを受け、検索順位が大幅に下げられる可能性もあります。

 
では、オリジナリティーのある記事を書くにはどうすればいいのか…。悩みはここにぶつかるわけです。

 
誰でも最初はその道の専門家でもないし、記事のネタを求めるのは主にネット上なわけですから、一からオリジナルの内容を書くというのは困難ですよね。

 
それに、訪問者が満足するような回答が用意されていなければ、すぐにページを閉じられてしまいます。

 
つまり、少なからず信用できるネタ元の情報を引用する必要があるんです。

 
でもそのまま引用しては自分のオリジナルにはなり得ない…。

 
だとすれば、その記事に自分独自の色を持たせるにはどうすればいいか?

 
それは、自分の感想や考え方、経験に基づいたエピソードを加えることです。自分の頭の中にしかないことを文字にすればいいんです。

 
疑問点だっていいし、反論だっていいし、失敗談だっていいんです。訪問者の役に立つ情報が必ずしも専門的な情報ではないってことです。

 
ネットビジネス系のブログやサイトを運営しているなら、誰かに何かを教えてやるっていうスタンスではなく、自分はこう考える、自分はこうやってみたら上手くいった、あるいは失敗した、そんな経験を語ることで立派に成立するはずなんです。

 
トレンド系のブログに年間行事にまつわる情報を記事として書くなら、自分の思い出や経験を交えつつ、訪問者の疑問に答えることだってできるはずです。

 
これに自分独自の語り口やユーモアなんかを織り込んでいけば、きっと読んで楽しい記事ができ上がると思うんですけどね。

 
キーワードや情報の正確さは重要ですけど、そこにばかり意識が向いてしまうと筆が、いやタイピングが進まくなっちゃうし、書いていて楽しくないですからね。

 
コピペやリライトは単なる作業だから苦痛になっちゃいますけど、自分の考えを文章にしていくのは意外に面白くて継続できるものですよ。

 

関連記事

  1. わたぼん奮闘記

    アフィリエイトの実践のため登録したASPは数あれど・・・

    こんばんはぁーっ♪今夜も早々酔っ払ってしまいま…

  2. わたぼん奮闘記

    ただいま無料レポート量産中!

    こんにちは!これまでトレンドアフィリ、物販アフ…

  3. わたぼん奮闘記

    So-netブログの記事にYoutube動画を貼り付ける方法

    こんにちは!アフィリエイトに適した無料ブログサ…

  4. Google 関連

    Google(グーグル)推奨のモバイルフレンドリー最適化への対処方法

    こんにちは!今回は、「今さら何言ってんの?」っ…

  5. わたぼん奮闘記

    アフィリエイトではジャンルを絞るのではなく百貨店になるべき?

    ブログやサイトでアフィリエイトをしていると、多くの教材が「ジャンルを絞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

メルマガご登録

 

mailmagazinetouroku2.jpg

管理人ご挨拶

こんにちは!
いらっしゃいませ!
管理人の『わたぼん』です。

 

ブログとアフィリエイトを生業にする中年男です。

 

かつて一念発起し、47歳と10ヶ月で遅ればせながらアフィリエイトの世界に踏み込んだおいらの、七転八倒ぶりを楽しんでくださいね!

 

アフィリエイトで稼ぐまでの思考や実践をリアルにお伝えできれば、面白いドキュメンタリーになるんじゃないかと思います。

 

でも、ほぼ反面教師かな…(汗)

 

詳しいプロフィールはこちら

 


ポチっとしてくれたら
喜びます♪

 

無料プレゼント♪

アクセス爆発の法則を公開した
魂心のマニュアル

『アクセス・ボンバー』

メルマガ無料登録で

もれなくプレゼント中!

↑↑ 今すぐ画像をクリック♪

今なら無料配布♪

だいぽん氏の書籍

「自由な人生を手に入れる教科書」

今なら無料で入手可能です♪

ご希望の方は[こちら]をクリック!

お問い合わせ

お問い合わせがありましたら、
こちらからどうぞ♪

↓ ↓ ↓

14b47fa2-s.jpg


ポチっとしてくれたら
喜びます♪

アーカイブ

最近の記事

わたぼんTwitter

PAGE TOP