Googleウェブマスターツールは、Googleが提供するサイト管理者ツールです。

 
必要不可欠とは言いませんが、Webサイトを作成したらとりあえず登録しておいた方が良いツールです。

 
それでは、Googleウェブマスターツールの導入方法を解説していきます。

 
導入するには、事前にGoogleアカウントを取得しておく必要があります。

 
詳しくはこちらを参考にしてください。

 
⇒ Googleアカウントの取得と、Gmailアドレス登録

 
まずは、Googleウェブマスターツールにアクセスします。

 
Googleアカウントにログインしていない場合は、表示された画面に従ってパスワードを入力し、ログインしましょう。

 
⇒ Googleウェブマスターツール ログイン画面
ログインすると下図のような画面になります。

 

webmasuters1.jpg

 
続いて、ウェブマスターツールを導入したいWebサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。

 

webmasuters2.jpg

 
ウェブマスターツールはWebサイトの所有権を確認することで導入できます。

 
所有権の確認方法には何種類かありますが、ここでは最も簡単と思える方法をご紹介します。

 
下図のように、「別の方法」を選択し、「HTMLタグ」を指定します。

 

webmasuters3.jpg

 
すると、下図のようにメタタグが発行されますので、これをコピーします。

 

webmasuters4.jpg

 
コピーしたメタタグを、自分のサイトのHTML内の、
</head>の上に貼り付け、保存します。

 

webmasuters5.jpg

 
ウェブマスターツール登録ページに戻って、左下の「確認」をクリックします。

 

webmasuters6.jpg

 
下図のような表示がされたら、ウェブマスターツールの導入は完了です。

 
webmasuters7.jpg

 
お疲れ様でした。

 

新規ブログ「UBL」立ち上げのお知らせ♪

アドセンスブログの手法に特化したサイトを立ち上げました。

 

その名も・・・♪

 

「UBL(Unchained Business Laboratory)」

 

そもそも英語として成り立っているのかも分かりませんが、

「誰からも束縛されずに稼いで暮らしたい!」

そんな思いを込めたタイトルであります。

 

初心者の方でも取り組みやすいように、たくさんの情報を整理していくつもりです。

 

そんなわけで、ぜひ、ひやかしに覗いてやってくださいませ♪

 

わたぼんNEWブログ「UBL」をチェック!