わたぼん奮闘記

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOについて

こんにちは!

 
今日は、ブラックハットSEOと、それに対極するホワイトハットSEOについて解説しちゃいます。

 
以前こんな記事を書きました。

 
⇒ サテライトサイトの量産をおすすめしない理由

 
言ってみれば、この記事内で「おすすめしない」とお伝えしている手法もブラックハットSEOのひとつです。

 
簡単に説明すると、

 
検索エンジン(Google)のガイドラインに沿ったSEO対策を「ホワイトハットSEO」、

 
対して、ガイドラインに沿わない形で行うものを「ブラックハットSEO」、

 
と言うわけです。

 
これら対極の位置にあるSEO対策の手法について説明していきます。

 

ブラックハットSEO

 
ブラックハットというのは、

 
元々は特に悪意をもってコンピュータやネットワークへの攻撃を行うハッカーを指した言葉です。

 
インターネットビジネスでは、

 
検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいた悪質なテクニックを使って、

 
Webサイトの検索順位を上げようとすること、

 
あるいはその手法を意味します。

 
具体的な手法の例を挙げると次のようなものがあります。

 
「クローキング」

 
検索エンジンのロボット、クローラーがWebサイトに訪問したときに、一般ユーザーが目にするものとは異なる内容のWebページを認識させる技術

 
「ワードサラダ」

 
コンテンツの自動作成ツールなどを使って、テキストコンテンツからキーワード単位の評価を稼ごうとする手法

 
「被リンク収集」

 
SEO目的の不自然なサイトや被リンクを購入、あるいは自作自演して、Webサイトの評価を高めようとする手法

 
これまでは、このようなSEO手法が公然と行われ、天下のGoogleの裏をかくように、ある程度の成果を上げていました。

 
しかし、昨今ではGoogleのスパム検知精度がますます向上しており、ユーザーにとって健全な検索結果を得られるようにアップデートが繰り返されています。

 
したがって、ブラックハットと呼ばれるSEO施策はスパム行為と判定される可能性が高まっていると言えます。

 
その場合のペナルティは、対象となるWebサイトの検索順位を大幅に下げたり、場合によってはインデックスが削除され、検索結果に一切表示されなくなるという厳しいものです。

 
仮にWeb管理者に悪意がなかったとしても、判定を下すのはGoogleです。古い間違った知識を鵜呑みにして真似すれば、ペナルティを受ける対象となる可能性はあります。

 
『ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)』を熟読することと、Googleからのメッセージやアラートを確認するために、自分のサイトを『Googleウェブマスターツール』に登録して、定期的にチェックすることが望ましいでしょう。

 

ホワイトハットSEOとは

 
Google等の検索エンジンのガイドラインに沿って、Webサイトを最適化すること、あるいはその手法のことをホワイトハットSEOと言います。

 
先にお伝えした『ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)』や、『検索エンジン最適化スターターガイド』で推奨されている方法によるSEOがそれに当たります。

 
早い話が、検索エンジンサービスのルールを遵守して、ユーザー(訪問者)にとって役立つ情報を提供するWebサイトを運営しましょうということです。

 
具体的な手法としては、

 
・サイト内部のメタ情報の最適化(内部SEOの充実、強化)
・ユーザーの疑問、課題の解決に貢献するコンテンツの公開
・自然な流れで集まった被リンク

 
などが挙げられます。

 
さて、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いとは、検索エンジン側からの視点での悪と善ということです。

 
現時点でもブラックハット的な手法によって一定の成果を上げているサイトは存在しますし、ブラックハットSEOを使わなければ上位表示が叶わないケースもあることでしょう。

 
しかし、こうした状況に関係なく、今後の流れとしてはより一層ホワイトハットSEO推奨へ加速することは間違いありません。

 
今ならまだ稼げる!と、あえてお金を払ってブラックなツールを手に入れる人もいます。そんな駆け込み需要を狙ったアフィリエイターすら存在します。

 
これがまともな決断か否か、考え方は人それぞれですが・・・。

 
でも、ものは考えようです。

 
これからはウンザリするようなサテライトサイト量産という作業をする必要がなくなるんです。したって意味がないから。

 
その分の労力を、ひとつのサイトのコンテンツ充実化に注げばいいってことでもあるんです。

 
そうすれば、Googleはそれなりの評価をするよって言っているんです。

 
となれば、これからより重要度が増すのは、キーワード選定と、ライティングだと言えるでしょう。

 
どちらも手間のかかる要素ですが、キーワード選定なら「キーワードストライク」とか「Pandora2」といったツールも出ています。

 
ライティングと聞いて「げげぇ~」と思った人も、それほど心配はいらないと思います。

 
徹底したリライトだって立派なライティングテクニックですし、毎日のように記事を書いていれば、自然に身に付くはずです。

 
いずれにしても、今のうちに備えておくに越したことはないですね!

 

関連記事

  1. わたぼん奮闘記

    結果の出やすいサイトアフィリの手法って結局どれだろう?

    こんばんは!今日もまた、試行錯誤のうちに日が暮…

  2. わたぼん奮闘記

    検索エンジンに好かれる記事の法則?ブログの書式にはルールがあった?

    今日はライティング業務の前半分の納品をしたんですが、修正依頼が来たため…

  3. わたぼん奮闘記

    詐欺教材はネットビジネスを諦めた奴らの「イタチの最後っ屁」

    アフィリエイトを始めとしたネットビジネス教材の多くは、肝心なところが抽…

  4. わたぼん奮闘記

    インプレッションとクリック数が伸びても売上ゼロって…

    こんばんはぁ!!今日もライティングの仕事を終え…

  5. わたぼん奮闘記

    アフィリエイトで結果を出すには?まだまだ意欲が弱いのかっ!?

    無職で社会復帰も難しいおいらは、今日も唯一の拠り所でもあるライティング…

  6. わたぼん奮闘記

    ビジネスで高額なツールを買うより前にやるべきことはいっぱいある

    こんばんは!自動投稿ツールや、リライトツールに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

メルマガご登録

 

mailmagazinetouroku2.jpg

管理人ご挨拶

こんにちは!
いらっしゃいませ!
管理人の『わたぼん』です。

 

ブログとアフィリエイトを生業にする中年男です。

 

かつて一念発起し、47歳と10ヶ月で遅ればせながらアフィリエイトの世界に踏み込んだおいらの、七転八倒ぶりを楽しんでくださいね!

 

アフィリエイトで稼ぐまでの思考や実践をリアルにお伝えできれば、面白いドキュメンタリーになるんじゃないかと思います。

 

でも、ほぼ反面教師かな…(汗)

 

詳しいプロフィールはこちら

 


ポチっとしてくれたら
喜びます♪

 

無料プレゼント♪

アクセス爆発の法則を公開した
魂心のマニュアル

『アクセス・ボンバー』

メルマガ無料登録で

もれなくプレゼント中!

↑↑ 今すぐ画像をクリック♪

今なら無料配布♪

だいぽん氏の書籍

「自由な人生を手に入れる教科書」

今なら無料で入手可能です♪

ご希望の方は[こちら]をクリック!

お問い合わせ

お問い合わせがありましたら、
こちらからどうぞ♪

↓ ↓ ↓

14b47fa2-s.jpg


ポチっとしてくれたら
喜びます♪

アーカイブ

最近の記事

わたぼんTwitter

PAGE TOP