こんにちは!

 
「アンリミテッドアフィリエイト」という、アフィリエイターなら誰もが知っている教材があります。

 
この教材の凄いところは、アフィリエイトというビジネスモデルを今日の地位にまで高めたという功績でしょう。

 
いまだに進化を続けているというのも根強い人気を裏付ける現象です。

 
確かに、アフィリエイトに必要な「作業の流れの基本」を学ぶという意味では有益な情報商材だと思います。

 
でも、まるっと真似るだけでは、もう古いと言うしかないんです。

 
それに、この膨大な量のコンテンツを大枚はたいて購入しなくても、基本となる同様のコンセプトは「何も売らないアフィリエイト」や、無料レポートとして出されている「リミテッドアフィリエイト」からも学ぶことができますしね。作者も同じだし…。

 
情報商材を扱うなら、知っているのと知らないのとでは大きな差が生じますから、一度は目を通すべきだと思います。でも、何の考えもなしに真似してみても稼げないとも思うんです。

 
いずれにしても、今日現在のタイミングでどうしても手に入れておきたいなら、「何も売らない…」「リミテッド…」で十分だと思いますね。

 
ただし情報は古いですから、くれぐれも過剰な期待をしないようにしましょう(文中のリンク先が「Not Found」になっている部分もあります)。

 
※とくに「何も売らないアフィリエイト」について、以前のおいらは「これさえあれば他の教材なんていらない」くらいに思っていました。あとは自分の工夫でどうにでもなると…。

 
今思えば、その点だけは勝手な勘違いだったんです(苦笑)。

 
とにかく、おいらが目指しているのは資産となる仕組みの構築です。今の世の中にマッチした手法が必ずあるはずだと思っています。

 
後発組のアフィリエイターとしては、先達のみなさんの遺産(?)を参考に、いや、踏み台に、新たな手法を考え出すことが宿命なんじゃないかと考えています。

 
そんなおいらが情報商材以外を考えたとき、勝算ありと思えるのは、毎年同じ時季に一定のアクセスを呼び込めるトレンド系ブログです。

 
ご存知のとおり、季節や行楽シーズン、イベント日、健康に関するネタを書きまくったブログにアドセンス広告を貼ったり、ときには関連商品を紹介したりする手法ですね。

 
アクセスさえ集まれば放ったらかしでアドセンス収益が得られるし、ASPとの併用も臨機応変に加えることができます。

 
ただ、記事ネタは探せばたくさん転がっていますが、キーワード選定やライティングに神経を使うし、SEOにも工夫が欲しいし、アクセスが集まり始めるまで時間がかかります。

 
とにかく事前の準備から稼ぎが出るまで、作業的にも時間的にもたいへんです。さらに独自の手法を取り入れて差別化する工夫もしなくちゃなりません。

 
そのためには、これから試行錯誤の連続になる覚悟をしています(汗)。

 
でも考えてみれば、「最初のたいへん」ってのは、どんな手法を使うにせよ同じことなんですよね。知識やテクニックを身につけるにも、作業を進めて仕組みを作るにも、何ヶ月もかかるのは普通のことです。

 
情報商材を扱うにしても、メルマガ発行の準備と手配、リストを集めるための工夫と作業、自分という個性の表現方法からライティング手法の洗練など、欠かせない事柄がたくさんあります。

 
「片手間に」「1日たったの15分で」「始めたその日から」がっつり稼げる方法なんてこの世にあり得ません

 
百歩譲ってあるとすれば、「最初のたいへん」を乗り切った後のことです。

 
結果を出せない人はみんな「最初のたいへん」で遭難しちゃって諦めてしまうんですね。

 
そんな人のほとんどが甘い言葉に釣られて、中途半端な気持ちで取り組んでいるんじゃないでしょうか…。

 
お金を稼ぐってことがそんなに簡単なわけがないって知っているはずなのに。

 
ま、甘くてゆるい言葉で誘ってくるノウハウの裏にある真実は、「実現するまでのたいへんな努力」か、それとも「ただの眉唾もの」か、このどちらかですね。

 
これ絶対です。